トップ / 医師が患者に伝える言葉

医師が患者に伝える言葉

医師が使用する用語

都道府県

専門用語を使う医師について

診察中に患者に対して専門用語を使う医師は少なくないです。それが理解出来る人であれば問題はないですが、大多数の患者は分からないです。専門用語を使う事は悪い事ではないです。しかし、それが分からない患者に対しては患者が分かる言葉で丁寧に伝えるのが医師の役目です。分かりやすい言葉で患者に伝えた方が患者との信頼関係を構築しやすいです。今後、専門的な言葉を簡単な言葉で患者に伝える能力が重要になります。その言葉がわかる医療職どうしでは良いかもしれないですが、患者とのやり取りではあまり専門的な言葉は使わない方が良いです。

医師の診察と専門用語

病院を訪れると、診察の説明のなかで専門用語が登場することがあります。これらの用語は、病気やケガの状態を適切に表現するために用いられるものなので、その使用そのもについては問題はありません。患者としては、このような用語に慣れ親しんでいないのが普通です。そこで医師からの説明としてこのような用語に接した際にも、その正しい意味を理解できるとは限りません。自分なりに調べることも出来ますが、中途半端な知識は問題もあります。そこで、このような用語を聞いたとしても、無理をせずに簡単な説明を医師に求めることが大切なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験に合格する. All rights reserved.