トップ / 医師が守るべき守秘義務

医師が守るべき守秘義務

医師が意識すべきこと

都道府県

医師と守秘義務について

医師は日々の業務において守秘義務を意識しなければならないです。これを意識せずに業務に従事した場合、患者や家族等の信頼関係が構築出来ず、必要なケアがうまく出来ない可能性が高いです。緊急時、守秘義務か個人情報のどちらが大切か医師は悩む事があります。それを順守しなくても良いケースはあります。状況をよく見ながら動く事が大切です。患者や病院の大切な情報は守る事は基本です。一方、生命が関わるトラブルに直面した時は両者のバランスを考えながら発言、行動した方が良いです。扱いを誤るとクレームが来るので慎重に対応すべきです。

医師は守秘義務を守る

病院で勤める医師には患者がどこの誰なのか、どのような病状を抱えているのか、家族構成など様々なことを把握しなければならない場合があります。他の職業と比べてもかなり他人の情報を知る機会が多いことになりますが、当然これらは守秘義務があって他者、外部には一切漏らさないようにしなければなりません。例えば探偵がなんらかの依頼を受けて病院へ行き情報を聞きだそうとしても、この守秘義務があるので誰かに自分の情報が漏れる心配はありません。また、たとえそれが犯罪者であったとしても医師は秘密を守ります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験に合格する. All rights reserved.