トップ / 医師になるための大学選び

医師になるための大学選び

医師として出世する

都道府県

医師を目指す方にお勧め

医者として患者さんを診察するためには、「6年制大学の医学部を卒業」「医師国家試験を合格」および「2年間の初期臨床研修」と3つのプロセスを踏む必要があります。患者さんを診察するための資格は、どこの国公私立医学部を卒業しても取得することができます。しかしながら、多くの医学部では関連病院とよばれる大学付属の病院を有しており、出身大学の医師を優先的に配属させる仕組みがあるため、進学先の選択は非常に重要です。関東圏の主要な、大病院・機関病院は某有名大学の関連病院となっており、病院長も同大の出身者が、交代制で就任するなどの仕組みが確立されています。医学部・病院内で出世を目指すならば、有名な大学のいずれかに進学されることを推奨いたします。これらの医学部の特徴の一つに、総合大であることが挙げられます。医療系学生は、特定の交友関係しか持てないことも多い中、文系の多様な人脈を築き、卒業後に活かすことが可能です。

大学進学の際に役立つ知識

将来医師になろうと思っている人が通う大学の医学部ですが、学費が非常に高いのが大きな特徴です。医学部の学費は、国公立大学であっても6年間でおよそ350万円程度かかります。勉強量も他の学部に比べて桁違いに多いため、アルバイトなどで学費を稼ぐ暇もありません。実家から通う人はまだしも、下宿をする場合は大半の人が親の仕送りによって生活費をまかなっているのが現実です。そのため、中には経済的な理由で諦めざるを得ない人も多いのです。そのような時に知っておきたいのが、学費がかからない大学です。日本では自治医科大と残業医科大、そして防衛医科大の3校で、学費が無料になる制度を実施しています。国が医師不足の解消のために補助金を出しているため、学費を一切払うことなく通うことが出来ます。6年間で数百万円かかる学費が免除されるため、卒業後は指定された医療機関に9年間従事する必要があります。それでも、本気で自分の夢を叶えようとしている人にはおすすめです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験に合格する. All rights reserved.