トップ / 医師と作家の関係とは

医師と作家の関係とは

医師と作家の肩書き

都道府県

医師でもあり作家でもあった人

日本には、医師と作家の両方の肩書きを持つ人が多数存在しました。その中でも特に有名な人に、「鉄腕アトム」や「リボンの騎士」「ブラック・ジャック」など、様々な名作漫画を残した「漫画の神様」として名高い手塚治虫氏が挙げられます。彼は、当時の大阪大学付属医学専門部を卒業しており、医師の免許を持っていながら漫画家として活躍し、1989年に胃がんで60歳にて死去するまでに、実に沢山の名作漫画を生み出しました。彼の代表作の一つ、「ブラック・ジャック」に彼の医学知識がふんだんに盛り込まれているのは有名な話です。

医師の経験を作家で生かす

医師でありながら、多くの医療系の小説を執筆し、作家として活躍している人もいますね。この作家が医者である魅力はいくつかのものがあります。まず一つはリアリティがあるので、読者を引き込みやすい。また非常にスリル感があり、夢中で読みすすめてしまうというところにあるでしょう。小説の読者には、医師や医療系の人もいますが、やはり現実感が伴った小説は、とてもおもしろいのです。まるで、自分の頭の中で、その医療現場を想像することができるので、より面白いのです。そのため、多くの人がその本のリピーターとなるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験に合格する. All rights reserved.