トップ / 医師の出身大学について

医師の出身大学について

医師の国立大と私立大

都道府県

医師は大学によって何が違うのか

医師の大学は国立、私立とたくさんあります。昔は国立しかなかったので、偏差値は高く、高校でもトップクラスの成績の人しかなれませんでした。しかし、私立の医大も次々とできて、偏差値が下がりました。といっても最低でも62ぐらいはないと合格しません。何年も浪人して予備校に通ってやっと合格することもあるし、努力しても不合格で歯学部や薬学部に行く人もいます。医師には様々性格の人がいます。プライドも余裕もある人もいれば、卑屈で人間的に尊敬できないような人もいます。苦労したからこそ、人の痛みや辛さがわかる人もいます。

医師と大学の医局について

多くの場合、ある病院で医師が足りなくなった時は大学の医局に伺いをたて、そこから必要な人材を持ってきてもらいます。そのため、病院が独断で雇う事は難しいです。今後、多くの医療機関は大学との関係を見直し、その病院が必要としている人材の医師を迅速に確保出来るようにすべきです。今のシステムを継続した場合、患者が必要な医療サービスを長期間にわたって受ける事が出来ない可能性があるからです。歴史、伝統があるためシステムを見直す事は容易ではないです。しかし、このシステムの見直しは患者や地域住民の長期的な利益につながります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験に合格する. All rights reserved.