トップ / 医師の診断書が必要な場合

医師の診断書が必要な場合

医師の診断書に関して

都道府県

医師に診断書を書いてもらう

病気などで手術などで学校や仕事を長期休むと困る人もいるでしょう。しかし、多くの病気は本人の見た目は変わらず、体の内部で進行しているものです。自分が休まなければいけない理由があることの証明のひとつとして、診断書が必要になる場合もあり、それは医師に書いてもらう必要があります。また、仕事はしていなくとも、保険の手続きにも必要になることもあります。あらかじめ、何通必要が確認しておいた方が、診断書を書いてもらう手間や時間を減らすことが可能でしょう。医師の診断書が必要な場合にはしっかりと確認しておきましょう。

医師の診断書を書いてもらう時

医師に診断書を書いてもらうと必ず実費でお金がいります。国家試験をもった人に文書を要求するのですから当然です。例えば、事故をして警察にだす、怪我をして学校に出す診断書などは1000円か2000円ぐらいです。生命保険会社や、職業安定所にだす傷病手当証明書などは5000円ぐらいします。値段は病院によって若干違います。日帰り手術で手術給付金をもらうよりも、文書を書いてもらうほうが高くつくなら、医師に書いてもらわない方がいいです。通院給付金もでる保険なら、通院日数、通院給付金を計算して検討しましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験に合格する. All rights reserved.