トップ / 医師が独立するための準備

医師が独立するための準備

医師の開業の準備

都道府県

医師が独立するためには

病院はたくさんあるけれど、その病院の院長と自分の医療に対する想いややりたい方針が違う場合、自分に合った病院を探す人、独立する人など個人差があります。独立する場合は個人で開業のための準備をしたり、もちろん資金も用意しなければいけません。しかし、いくら費用を用意するのか、何の準備をすればいいのかわからないことだらけな時、それを手助けしてれる業者もあります。そういった業者を使った場合、医師会の入会方法や開業しようとしている地域の患者さんがどのくらい来るのかのリサーチ、建物の設計や内装、スタッフ募集、書類の処理など独立について何もわからないという方でも開業できます。開業後は自分の腕次第ではありますが、開業すれば自分の理想とする医療行為を行うことができます。しかし医師だからと医学ばかり勉強していればいいわけではありません。開業医は一般会社でいえば社長にあたるので、医学だけでなく病院経営について勉強しておくことも大切です。

独立する場合に関して

勤務医として働いている医師は24時間365日何らかの業務に拘束され、自分自身の時間を設ける事が出来ないです。そのため、心身のバランスを崩し、医療の世界から不本意な形で離れる人が出るという問題を抱えています。自分の理想の医療の実現や自分のための時間を設けたいという理由から独立して開業医となる医師が増えています。特に小児科医、産婦人科医といった激務だけではなく、クレームが生まれやすい科で独立をする人が多いです。独立した場合、研究や最新の医療技術を学べなくなるというデメリットがあります。反面、心身の健康を長期間にわたって保つ事が出来ます。また、住み慣れた地域の医療や住民のために時間を使う事が出来ます。それをした場合、最新の医療技術や医療情報を得にくくなります。一方、自身だけではなく、家族や地域住民のためにより多くの時間を使えます。自身のテンポやライフスタイルを重視しながら働く事が出来ます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験に合格する. All rights reserved.